WordPress運用で手抜きをしたい人のためのプラグイン3選

この記事は約5分で読めます。

こんな感じで仕事をしましょうという記事ではありません。

手抜きをしたのに喜ばれる!それがライフハック!

こんにちは。Nj-web(@nj_web)です。

おおよそ、繰り返し行う作業のほとんどは自動化できます。
というか、Wordpressという存在ももともとは手抜きをするために生まれたものですし、そんなことを言い出すとパソコンだろうがスマホだろうがほとんどの道具は手抜きをするために存在しているのです。
それを手抜きというかライフハックというかは、自動化したことによって浮いた時間でどれだけ人様のお役に立てることを成すことができたかによって変わってくるんだと思います。

人間、持てる時間は有限です。

その時間を使ってより価値を生み出すための第一歩として、Wordpressにおける手抜きを応援してくれる、もとい、繰り返し作業をラクにしてくれるプラグインを紹介します。

プラグインのインストール方法

使いたいプラグインを検索!

プラグインの中には、FTPソフトを使ってダウンロードしてきたファイルをアップロードする必要があるものも存在するのですが、何と言ってもこの記事は手抜きをするための記事ですので、そんなめんどくさいアクションを要求するものは紹介していません。

この記事で紹介しているプラグインは、ダッシュボードの「プラグイン > 新規追加」から辿れる画面のテキストボックスで検索することでヒットしてくれます。

プラグインを見つけたらあとは「今すぐインストール」をクリックして画面の指示に従い有効化するだけ。

より便利に使うためには設定が必要な場合もありますが、それに関しては次の項以降で詳しく見ていきましょう。

Auto Post Thumbnail:アイキャッチ画像を自動で登録

アイキャッチ画像を一撃で登録!

Auto Post Thumbnailは、その名の通り、アイキャッチ画像を自動で登録してくれるプラグインです。

通常、アイキャッチ画像を設定する場合、画面右下のアイキャッチ登録用のウィジェットからアイキャッチ画像にしたい画像を選択する必要があります。

でも、往々にして、記事で使っている画像と同じものを使えれば十分だというケースが多いものです。
また、アイキャッチなんて使うつもりはなかったけど他のプラグインの都合で入れとかないとカッコ悪い…なんていうケースもあります。

そんなときは、このプラグインを導入しておけば、投稿時に自動で投稿の中で一番最初に使われている画像を選択し、アイキャッチ画像として登録してくれます。

Auto Post Thumbnailが便利なのは、それだけではなく、過去に投稿したアイキャッチ画像もボタン一つで自動処理してくれること。

ただし、そもそも画像がない投稿だったり、アイキャッチ画像が既に登録されている記事は無視されますので注意しましょう。

Simple Tags:投稿に自動でタグを付ける

キーワードを自動でタグ化!

このプラグインはWordpressのプラグインとしてかなり有名です。

若干操作性が悪いデフォルトのタグ入力をやりやすくしてくれたり、過去の投稿に付けられたタグを一括で編集してくれたりと、Wordpressのタグ周りをかなり使いやすくしてくれます。

そんなSimple Tagsですが、手抜きをしたい時に見逃せない機能が、なんといっても「自動タグ機能」でしょう。

自動タグ機能は、あらかじめ登録しておいたタグが、投稿の中に含まれていたら、記事が公開されると同時に自動的にタグ付けしてくれるというなんともまあ素敵な機能なのです。

自動タグ機能へのアクセスの仕方はちょっとわかりづらくて、「設定」メニューではなく「ツール」メニューの中に隠されています。
結構昔からこのプラグインは使っているのですが、恥ずかしながら最近存在に気が付きました…。

EWWW Image Optimizer:画像の圧縮を自動で行う

メディアライブラリの画像を一撃で圧縮!

ユーザーの観点からも、検索エンジンの観点からも、ページの表示にかかるスピードは早いに越したことはありません。

そして、ページ表示に時間がかかる原因の最たるものは、「画像の容量が大きいこと」です。

では、画像の圧縮をしていきましょうとなったときに、本来であれば、画像をひとつひとつ画像編集ソフトなどを使って圧縮し、差し替えるという作業が必要になるのですが、過去に大量の記事をアップしている場合、時間がいくらあっても足りません。
また、新しい記事を作る際に、いちいち画像を圧縮するという作業も地味に面倒です。

そこで登場するのがEWWW Image Optimizer。

EWWW Image Optimizerは、過去に投稿してメディアライブラリに保存されている画像を、一括で圧縮してくれます。
一括圧縮は、これまたわかりづらいところにメニューが出現していて、「メディア > Bulk Optimize」からアクセスできます。

過去に投稿した画像だけでなく、これから投稿する画像に関しては、インストールさえしておけば自動で圧縮してくれます。

まとめ:手抜きは必ずしも悪いことではない!?

タイトルにインパクトを持たせるためあえて「手抜き」という言葉を使いました。

「手抜き」といえばなんだかサボっているような悪い意味に取られがちですが、同じ作業をするのであれば、時間がかかるよりも素早く終わらせることができた方が、時間を有効活用することができます。
その分、今まで手が回らなかったことにも手が回るようになり、成果物のクオリティも上がることでしょう。

そうです、

真の「手抜き」はクオリティの向上を伴うのです!

お後がよろしいようで。

スポンサーリンク

Facebookページに「いいね!」いただければ、このブログの最新情報をお届けします!