Google Analyticsアドバンスセグメントでリピーターになってくれたきっかけを分析する方法

この記事は約5分で読めます。

Google Analyticsでリピーターを増やす方法

こんにちは。Nj-web(@nj_web)です。
アクセス解析は私のキャリアの中心となっているスキルなのですが、何気にこのブログでははじめての投稿になります。

リピーターがついてくれているという状態は、どんなWebサイトであっても理想的な状況と言うことができるでしょう。ですが、肝心のリピーターを増やす方法は?と聞かれると、「ユーザーの役に立つ情報を発信する」などの漠然とした感じの答えしか浮かんでこない方も多いかと思います。この記事ではそんな方へ向けて、アクセス解析からリピーターを増やすためのヒントを見つける方法をお伝えします。

リピーターがついてはじめて成立するWebサイトは意外と多い

Webサイトの形態にもよるのですが、一回だけ見てもらっただけでWebサイトの目的が達成できるサイトというのは稀です。
ほとんどの場合が、訪問してくれたユーザーにリピーターになってもらってはじめてビジネスが成功するケースが多いのです。

例えば、ECサイトであれば、高額商品になればなるほど、一回訪問しただけで購入を決断するユーザーはほとんどいません。
他の商品と見比べたり、本当に自分に必要な商品なのかどうかをしっかりと検討したうえで、再度訪問して改めて商品を購入(コンバージョン)するケースが主になります。

以下の画像は、とあるサイトにおけるコンバージョンユーザーのリピート回数なのですが、コンバージョンを達成するユーザーは、繰り返しサイトに訪れているヘビーリピーターであることが伺えます。

コンバージョンに至るユーザーはヘビーリピーターであることが多い!

ブログの場合でも、一回見てもらって去ってしまい二度と戻ってこないユーザーよりも、RSSやブックマークから繰り返し訪れてくれるユーザーを増やす方が、ブランディングの面でも交流の面でもビジネスの面でも重要になります。

アドバンスセグメントでリピートユーザーの最初のセッションを抽出

さて、リピーターを増やす必要性を再確認したところで、Google Analyticsを利用してリピーターを増やすためのヒントを得ましょう。ここでは、以下の様なアドバンスセグメントを使用します。

アドバンセグメント「リピーターの1回目の訪問」設定内容

このアドバンスセグメントは、「何度もリピートしてくれているユーザーが、最初に訪れた際の行動」を抽出するように設定しています。
ひとつのセグメントに相反する意味合いの条件が入っているのでなんだかパズルみたいですが…。

このセグメントを適用することで、リピーターになってくれるユーザーが取りやすい行動の傾向を掴むことができます。
あとはその行動をユーザーが取ってくれるように誘導すれば良いのです。

リピーターになってくれたユーザーは最初にどんなページを見てくれていたのか

では、このセグメントを利用して具体的にどういった施策を打てるかを見ていきましょう。
以下の画像は、上記のアドバンスセグメントを適用した状態の、このブログのページ別ページビューの一覧です。
(開設して間もないこともあり、スケールが小さいのがお恥ずかしい限りです…)

アドバンスセグメントを適用した状態のページレポート

意外と、一番最初に投稿したレスポンシブデザインに関する記事がリピートのきっかけになってくれているようですね。
正直なところ、あの記事はあまりアクセスには貢献しないだろうと思っていたのですが、こうした思い込みをふっ飛ばしてくれる結果となりました。

この事実がわかれば、この記事へ積極的に内部リンクをつける、twitterやfacebookでこの記事をつぶやく、この記事に対して広告を打つなど、さまざまな施策を考えることができます。
また、この記事における要素、「レスポンシブデザイン」や「手法のまとめ」、「具体的コードの紹介」など、リピーター増となった要因を仮説として取り上げ、今後の記事に盛り込むことで、リピーター増になる記事を作成できる可能性は高まることでしょう。

これを繰り返すことで、リピーターが雪だるま式に増えることもあるでしょう。

というか、そうなったらいいなぁ…(´・ω・`)

リピーターになってくれたユーザーはどんなきっかけで流入したのか

次に、リピーターとなってくれたユーザーがどんなきっかけで流入したのかを見てみましょう。
以下は、例のアドバンスセグメントを適用した状態の、私のブログの流入元の一覧です。

アドバンスセグメントを適用した状態のチャネルレポート

リピーターとなってくれたユーザーは、SNS経由でのアクセスが多いことがわかります。
とはいえ、運用歴が短い私のブログは検索エンジンからの流入がほとんどなく、SNS経由でのアクセスがほとんどなので当たり前といえば当たり前なのですが…。

検索エンジンからの流入が多い方であれば、どんな検索エンジンでの流入がリピーターになりやすいのかを把握することができますし、外部に広告を出稿している方であれば、どんな外部広告がリピーター増につながっているのかを把握することができます。
こうやって成功しやすい傾向を掴んで外部施策のコントロールをすることで、質の良いユーザーを集めやすくなります。

まとめ:分析で得た知見を活かしてリピーター増を目指しましょう

良く間違われやすいのですが、アクセス解析で得られるデータは「答え」を示してはくれません。
今回の場合だと、こうすれば絶対にリピーターが増える!という手法はアクセス解析を見ているだけでは出てこないのです。

そこにあるのは、あなたのサイトにこれだけの人が集まってこんな行動をしましたという「事実」だけです。

でも、「事実」から「答え」を導き出すための「ヒント」を見つけ出すことはできます。
そうして得た「ヒント」から仮説を立て、あなたならではの施策を打ち出してみてください。
施策は確実に当たるものだけを実行するのではなく、「こうじゃないかな?」という仮説をもとにした小さな施策をたくさん実行し、失敗しながらも当たる施策を見つけ出すというスタンスの方がうまくいきます。

アクセス解析の勉強をしていた際にとある先生「アナリストに必要なのは妄想力だ!」と連呼していたことを思い出しました(笑)。

あなたのサイトのリピーターが増えることを願って。

あ、よかったらこのブログのリピーターにもなってください(笑)。

スポンサーリンク

Facebookページに「いいね!」いただければ、このブログの最新情報をお届けします!