Google Analyticsは「トラッキング拒否」機能で除外できません!

この記事は約4分で読めます。

自分のアクセスが記録される?いいんだよ!除外されてんだから!(されてません。)

Google神のちょっとしたトラップ?

こんにちは。Nj-web(@nj_web)です。

Google Analyticsを自分のブログやサイトに設置している方の場合、特にアクセス数が少ないころは自分のアクセスがカウントされてしまうと現状の把握にかなりの支障をきたします。
また、それなりに大きなプロジェクトを進めている場合、さまざまな人が自社のサイトにアクセスしますので、関係者のアクセスだけでもかなりの数になってしまい、肝心のユーザーの動向を把握しずらいという状況になりがちです。

PCの場合は、オプトアウトアドオンというとても便利な拡張機能が用意されているのですが、スマホでは現在のところ拡張機能が導入できるブラウザが少なく、自分のアクセスを除外するのもかなりハードルが高い行為となります。

スマホでも自分のアクセスを除外したい!

この機能使えば除外できんじゃね?

近年、ますますスマートフォンによるアクセスが増えてきていたり、さらには「モバイルでちゃんと表示させられへんかったら検索順位落とすど!」とGoogleから脅しをかけられていたりすることもあり、スマートフォン実機による表示チェックは欠かせないものとなってきました。
にもかかわらず、スマートフォンで自分のサイトにアクセスすると、Google Analyticsにアクセスが計上されてしまうという、いかんともしがたい状況なわけです。

これ、何とかならんの?と思っていた私に舞い込んできた吉報?が、AndroidやiPhoneで利用できるGoogle Chromeに「トラッキング拒否」という機能が実装されたというもの。

「トラッキング拒否」機能ではGoogle Analyticsは除外できませんでした

トラッキングされとるやないかい!

なんとなく、言葉の響きから、これでPC版の「オプトアウトアドオン」と同じようにそのブラウザからアクセスしたというトラッキング情報をアクセス先のサイトに送らないことにすることで、Google Analyticsにもデータを送信しないようになるんじゃないか?と考えた私。
素敵な機能を見つけた嬉しさのあまり、社内のみんなやお客さんに「スマホブラウザの設定は『トラッキング拒否』で統一してください!」とか依頼しかけていました。
でも、ふと冷静になって、ほんまに除外されてるんかいなと思って「トラッキング拒否」を有効にした端末で自分のサイトにアクセスしてみると…。

トラッキングされとるやないかい。

じゃあ「トラッキング拒否」機能って何のためにあるの!?

「トラッキングしないで!」「でもそんなの関係ねぇ!」

いろいろ調べてみた結果、この「トラッキング拒否」という機能は、あくまでもアクセスするサイトに「トラッキング拒否したいです!」っていう意思表示をするものなのだそうです。
その意思表示が受け入れられるかどうか、私たちではなく、この「トラッキング拒否」リクエストを受け入れたウェブサイト側なんだとか。

つまり、Google Analyticsは「トラッキング拒否」リクエストを受け取っても、「でもそんなの関係ねぇ!」(いつのネタやねん)としっかりトラッキングしてくれちゃうわけですね。

なんとかスマホで自分のアクセスを除外する方法はないものか…

と、いうわけで、結局のところ「トラッキング拒否」機能はGoogle Analyticsの集計から自分のスマホアクセスを除外することはできないということが判明しました。

スマホでアクセスを除外する方法としては、ややややこしい手順を踏まないといけないのですが、Cookieをスマートフォンのブラウザに埋め込んでやるという手法があります。
詳しい手順は以下のページが詳しいので、参考にしてみてください。
(丸投げですみません!!)

Google Analyticsで自分のiPhoneのアクセスを除外 (AndroidもOK)
こんにちは、okutani(@okutani_t)です。サイトを始めたばかりのころは、Google Analyticsでアクセス解析してもほとんど自分のアクセス。 正確なアクセスを把握するために、自分のアクセスを除外する設定を行っておくと良いですね。 今回は、自分で使っているiPhone(またはAndroid)のアクセスを「Cookie」を使って除外していきます。 参考Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法 Cookie(クッキー)ってなに? ・cookie(くっきー)とは – コトバンク WebサイトとWebブラウザーの間で、データをやり取りする仕組み。Webサイトを訪問した際に、WebサーバーがデータをWebブラウザーに送信する。Webブラウザーは、その内容をローカルのハードディスクにテキストファイル(Cookie)で保存しておき、次回そのサイトを訪れたときにはWebサーバーにそのCookieを送信する。 簡単に説明すると、Cookieを設定してるウェブページにアクセスした際、アクセスした人を特定できる仕組みをCookieといいます。 このCookieに、Google Analytics側が自分の端末(スマホ)だと分かるように設定してあげればOKですね。 ここでCookieについてよく分からなかった人も、とりあえず設定を進めてみましょう。 ※他には、IPアドレスを使ったアクセス除外がありますが、スマホはIPがコロコロ変わってしまうためCookieを使う方法が一般的です。 Google Analyticsにフィルタを設定 まずは、自分のスマホのアクセスを除外するためのフィルタをGoogle Analyticsに設定します。 Google Analytics管理画面から「アナリティクス設定」’ビュー欄の「フィルタ」を選択。 「+新しいフィルタ」をクリック。 「新しいフィルタを作成」にチェック、フィルタ名に「スマホアクセスを除外」としました。 フィルタの種類を「カスタム」’「除外」、フィルタフィールドを「ユーザー定義」、フィルタパターンに「no_report」と入力。 こうすることで、「no_report」という文字がクッキーに設定してある場合、その端末のアクセスを除外します。 忘れずに「保存」をクリックしましょう。

また、Android版限定になるのですが、「Windowsで画面キャプチャを撮影するツール3選 範囲指定もページ全体も思い通りに!」という記事で紹介させていただいた「SnapCrab」を開発しているFenrirが発表している「Sleipnir Mobile」では、Google Analyticsも含めてトラッキング拒否を実現してくれる機能が備わっています。

もしあなたが普段から使用しているスマートフォンがAndroidなら、この手法が一番お手軽かもしれませんね。

スポンサーリンク

Facebookページに「いいね!」いただければ、このブログの最新情報をお届けします!