ブラウザだけで完結してしまう有名ソフトの代替Webサービス3選

この記事は約7分で読めます。

ブラウザひとつでここまでできる!

あのソフトがブラウザ上で!

こんにちは。Nj-web(@nj_web)です。

そんなときに覚えておくと役に立つのが、代替Webサービスの存在。どのソフトも、自身の環境へのインストールは必要なく、Webブラウザを立ち上げることができるのであればすぐに使えるものばかりです。

残念ながら、本家のサービスと比較すると見劣りする場合も多々あるのが現状ではあるのですが、そのソフトを使う本業ではないけれど、仕事上読めないと困るといった場合や、出先でちょっとした調整をしたいという場合に、覚えておくと便利なサービスたちです。

Photoshopの代替サービス – 「Pixlr」

デザインを行う方であれば、なくてはならないソフトPhotoshop。正直、デザイナーさんなら素直にPhotoshopを使った方が良いのは間違いないのですが、そうではなく、ディレクターさんがちょっとした調整をしたり、ブロガーさんが簡単な画像修正を行ったりするぐらいであれば十分に活用できるサービスが以下のサービス。

pixlr

pixlr - 無料で使えるPhotoshop代替Webサービス

Photo editor online – Pixlr.com

かなりPhotoshopにそっくりなインターフェースで、ショートカットキーなどもほとんどがPhotoshopと共通なので、Photoshopを扱ったことがある人であれば難なく使用できるPhotoshop代替Webサービスです。
レイヤーを管理できることはもちろん、レイヤースタイルやレイヤーマスクを追加する機能も完備。

一昔前は頻繁にクラッシュしたりして使いにくかったサービスなのですが、久しぶりにアクセスしてみるとかなり快適になっていました。

デザイナーが本職ではない方に取ってみれば、Photoshopより動作が軽快なので、Pixlrの方が却って使いやすいかもしれませんね。

Microsoft Excelの代替サービス – 「Googleスプレッドシート」「Office Online」

Microsoft Excelは社会人であればほとんどの方が使用されているソフトだと思います。これだけ有名なので、オフィスのパソコンのほとんどにインストールされていると思うのですが、個人でこのソフトを利用するかと言われるとちょっと微妙なところ。
とはいえ、世界的に使用されているソフトなだけあって、個人でもエクセルファイルを閲覧する必要があったり編集する必要があったりする場面はそれなりに出てくるものです。

こんな風に、しょっちゅうは使わないけどたまに使えないと困るという状況を解決してくれるのが代替ソフトなんです。

Googleスプレッドシート

共有するならGoogleスプレッドシートが便利!

Googleスプレッドシート

Googleアカウントさえあれば誰でも利用することができ、Microsoft Excelと比較しても遜色がない機能性を誇るExcel代替Webアプリ、それがGoogleスプレッドシートです。
かなり昔から提供されているサービスですので、日々ものすごい勢いでアップデートが重ねられ、かゆいところに手が届くWebソフトになっています。

Microsoft Excelと比較してもっとも特徴的なのが、複数人での共有がかなり簡単にできるというところ。
共有メニューから共有したい相手のメールアドレスを入力するだけで、即座に共有ができてしまいます。
また、公開設定をしておくことで、URLを渡すだけで不特定多数の人と共有することも可能。
さらには、共有した人の作業をリアルタイムで見ることができます。
共同作業を前提とするのであれば、Microsoft Excelよりも便利に使えるWebソフトといえます。

Office Online

Office Onlineは互換性が抜群!!

Office Online

Googleスプレッドシートの弱点は、やはりMicrosoft純正のソフトウェアというわけではないので、既存のファイルを開くと表示に崩れが出てしまったりするケースがあります。

そこで登場するのが、Microsoft純正のWebアプリ、「Office Online」

Web上でMicrosoftアカウントを取得することで、利用することが可能になります。

起動してみるとびっくりするぐらいExcelにそっくりな画面が現れます(笑)。

ファイルのやり取りは同じくMicrosoftのOneDriveというWebアプリを介して行います。
Microsoft純正のWebアプリというだけあって、互換性はかなりのものです。

ただ、利用者の絶対数が少ないので、共有を主とした目的の際はGoogleスプレッドシートに軍配が上がることが多いです。
Office Onlineは、Googleスプレッドシートでは読めたものではないExcelファイルをExcelがインストールされていない環境で読む必要が出た際に利用する程度でしょうか。

Google Adsenseの代替サービス – 「i-mobile」「nend」

上記の2点とは毛色が違うサービスになりますが、こんなものにも代替Webソフトはあるんだよ、ということで。
Google Adsenseは、ブログやWebサイトのマネタイズ手段として、特に個人で運営しているメディアの場合には選択肢の一つになりやすいアドネットワーク。
Google Adsenseから発行されるタグを自分のサイトに貼り付けて、訪れた人が表示された広告をクリックすると、対価として収益が入るという、サイトを持っている人であればぜひ抑えておきたいWebサービスです。

ですが、Google Adsenseを利用するうえでハードルになりがちなのが、その規約がやたら厳格だということです。
サイトで取り扱うテーマによっては審査すら通りませんし、不正クリックをしていなくても不正クリックと疑われればある日突然アカウントが停止することもあります。
もちろん、こうした規約に引っかからないように運用するのがベストなのですが、万が一審査に通らなかったりアカウント停止処分を受けてしまった際に、他の選択肢があることも覚えておくと安心です。

i-mobile

i-mobile

i-mobile

Google Adsenseと同じく、クリックの対価として報酬の支払いが行われるアドネットワークサービスです。
1クリックの単価は5円~8円と、Google Adsenseと比較するとかなり低いのですが、Google Adsenseには表示されないような広告も表示されるケースがありますので、サイトによってはGoogle Adsenseよりも高い収益をもたらしてくれる場合もあります。

ひとつ注意すべきなのは、アダルト広告の取り扱い。
i-mobileは登録した初期状態のままだと、アダルト広告だろうがなんだろうが問答無用で表示させてきます。
アダルトでもなんでもないサイトに突然アダルト広告が表示されれば、ユーザーの信頼にも関わりますし、下手をすると利用しているブログサービスやサーバーなどから規約違反でアカウント停止されてしまう可能性もあります。
アダルト広告を表示させるのがまずいという場合は、管理画面からフィルタ機能で除外することができますので、確実に設定しておくようにしましょう。

また、アダルト広告が表示されるということは、裏を返せばアダルトサイトでも利用可能なアドネットワークだということです。
Google Adsenseだと普通にアカウント停止されるみたいですので、アダルトサイトでアドネットワークを利用する場合も最初からi-mobileなどを利用した方がよさそうです。

nend

nend

nend

i-mobileと同様に、クリックの対価として報酬の支払いが行われるアドネットワークサービスです。

i-mobileと比較すると、アドネットワークサービスとしての歴史は浅いのですが、アフィリエイトサービスの老舗であるA8.netのファンコミュニケーションが運用しているということで、信頼性もなかなかのサービスです。

nendはスマートフォンサイト向けのアドネットワークで、報酬は9円~13円とi-mobileよりも高め。

ゲーム系の広告がよく表示されますので、ゲーム系のブログやサイトを運用している方には相性が良いです。

いろんな環境で作業する人におすすめのインストール不要のWebサービス

ここで紹介したサービスは、そのすべてがWeb上で完結し、手元の環境にインストールする必要がないため、職場や家庭、友人のパソコンだったりネットカフェであったり、インターネットに接続してブラウザが開ける環境であればいつでも利用できます。
お金を節約したいという方はもちろん、移動する機会が多く作業環境を選べない!という方も是非お試しいただきたいWebサービスです。

スポンサーリンク

Facebookページに「いいね!」いただければ、このブログの最新情報をお届けします!