2015年に食べた大阪のうまいラーメンまとめ

この記事は約5分で読めます。

ramen0

こんにちは。Nj-web(@nj_web)です。

今までこのブログではあんまり触れてきませんでしたが、実は私は「超」がつくのほどのラーメン好きです。どのぐらいラーメン好きかというと、その昔、あまりにラーメンばかり食べ過ぎて体重が20kg増えたことがあるぐらいラーメン好きです。当時はラーメン好きを買われて地域プロモーションの一貫としてラーメンブログを書いていたぐらいラーメン好きです。

最近ではこの頃ほどラーメンばかり食べているわけではないのですが、それでも好きなものは好き。この一年に食べてきたラーメンを振り返ってみると、結構な種類になったので、ここでひとつまとめてみよう、と、記事を書いてみました。

第7位:ジャンクストーリー(谷町九丁目)

ramen7

谷町九丁目にある行列のできるラーメン屋さん。塩ラーメンが何よりのウリとのことで、塩ラーメンの中でもいろんなトッピングがてんこ盛りな「塩のトキメキ」を食べてきました。濃厚な味わいの塩ラーメンで、麺も食べ応えがありボリューミーでした。このお店のウリはもう一つあるようで、チャーシューのように散りばめられている「鶏のたたき」。チャーシューといえば豚なのですが、そういう先入観があればあるほど新鮮な味わいを得ることができます。

第6位:轍(本町)

ramen6

食してきたのは「ふく流ラーメン」。ゆずエスプーマを使っていい感じに泡立っている「白いラーメン」という、なかなかに珍しいシロモノです。見た目とは異なり、かなりこってりとした味わいなのですが、単なるこってりラーメンと違ってさっぱりとした味わいもあり、なかなかにバランスが取れた一杯です。見た目的にかなりの貢献をしているゆずエスプーマがこの味のバランスにも貢献してくれているんでしょうね。

第5位:武士道(阿波座)

ramen5

鎧武者のカブトを被ってとんでもない量のラーメンを食べると特典があるなど、何かとキワモノ系のラーメン屋さん。私はカブトをかぶってラーメンを食べる気にはならなかったので、普通のラーメンを食べてきたのですが、普通なんだけど普通ではないこってり加減でした。あっさりとしたラーメンなんて邪道だ!と言わんばかりの振り切ったこってり感です。慣れていない人だったら気分が悪くなるほどのこってり感です。我こそは!という方は是非挑戦してみてください。

第4位:さくら咲く(阿波座)

ramen4

店先には常に桜が咲いていて、ちょっと和風チックな店構え。女性店主によるラーメン屋さんで、内装は何故か萌えキャラがいっぱいいるというかなり不思議なお店です。ここでは「桜塩らぁめん」をチョイス。これまで塩ラーメンはあまり食べてこなかったのですが、ここ最近で大当たりな塩ラーメンにかなり遭遇してきたので、あえての選択です。果たしてこの選択は正解で、飲んでいると幸せな気分になる絶妙なバランスのスープでした。白髪ネギとか桜花の塩漬けとか、普通のラーメン屋ではあまり見られないトッピングもこのお店の特徴のひとつです。

第3位:笑福(本町/西中島南方)

ramen3

いわゆる「二郎系」。「ニンニク入れますか?」がお店のキャッチフレーズになっていて、ニンニクを入れるか入れないかで結構味に違いが出てきます。その他、野菜・鰹節・背脂などなどのトッピングを増減することができます。このお店で「バカ増し」とコールすると、周りの客がざわめくぐらいのトッピングがなされたラーメンが出てきます(笑)。そんな笑福なのですが、最近では辛つけ麺にはまっています。極太の麺に辛いつけ汁がよく合い、食が進みます。麺だけでなくトッピングとして出てくる野菜とつけ汁の相性も抜群で、いつも「野菜増し」をコールしています。「バカ増し」をコールすると野菜だけしか食べれない量なので、このぐらいがちょうどいいのです(笑)。

第2位:つぼや(肥後橋)

ramen2

こちらでもよく食べるのは辛つけ麺。笑福の辛つけ麺と比べるとやや辛味が強いつけ汁。辛いものが大好きな割にあまりにも辛いものは受け付けないという中途半端な辛党な私にとって最適な辛味を提供してくれます。魚介の味が効いているのか、ただ辛いだけでなく旨味も甘味もしっかり効いているさすがつけ麺専門店といった感じのつけ麺でした。つぼやの辛つけ麺にハマってしまって以来、少なくとも月に一度は来るという常連客になってしまったのですが、食べるたびにつけ汁の味が微妙に違う気がします(笑)。

第1位:ぎょぎょぎょ(本町)

ramen1

正直、最初行った時は名前のインパクトに釣られて行ったのですが、提供されているラーメンを食べてみると、私も「ぎょぎょぎょ」と言いたくなるような衝撃を受けました。ベースは魚介の塩ラーメンなのですが、魚介の旨味がこれでもかというぐらいスープに溶け込んでいて、何度食べても飽きが来ない塩ラーメンです。トッピングとして沿えられているのはマグロを使ったチャーシュー。店名の「ぎょぎょぎょ」は魚という字の音読みを3つ重ねてできた名前なのですが、そんな店名に恥じること無く、魚介類をフル活用したラーメンを食せるお店です。

まとめ:来年は地域的な射程をもっと増やしたい

こうして見返してみると、どうしても自分が住んでいる街の近くばかり行きがちなのがよくわかりますね。
京都とか奈良にもおいしいラーメン屋さんはたくさんあるという情報は持っているので、来年はそういった遠くの地のラーメンにも挑戦してみたいと思っています。

まあ、とはいえ、つぼやぎょぎょぎょの2店は月1で行かないと気がすまないので、そこは継続すると思います(笑)。

スポンサーリンク

Facebookページに「いいね!」いただければ、このブログの最新情報をお届けします!