『おカネレコ』はじめて継続できた家計簿アプリ

この記事は約5分で読めます。

okanereco0

自慢するわけじゃーごぜーませんが、私は家計簿というものが続いたことがございません。大体自分の使い過ぎを管理して、お金をもっと有効に使おうというのが動機でつけはじめるのですが、一か月どうしても続かないので、自分の使っているお金に対する状況を把握することすらできない状況でした。そんな私が、珍しく半年続いているのが『おカネレコ』というアプリ。そこ、「なんだ半年か」とか言わない!

挫折を繰り返した家計簿アプリ習慣

okanereco1iPhone、Androidを問わず、最近ではスマートフォンのアプリで家計簿をつけることができる時代になってきました。
家計簿アプリのコンセプトも、さまざまなものが存在していて、中には各種金融機関と自動的に連携をとったり、レシートを自動的に読み取ってくれたりと、かなり高機能なものも増えてきました。
そういったアプリにも、一度は手を出してみたのですが、なんかしっくり来なくて長続きしませんでした。

そんな中、こりずに手を出してみたのが、2秒家計簿と銘打たれた『おカネレコ』というアプリ。

使い方は電卓のような画面から金額を入力するだけ

okanereco2使い方は説明が要らないぐらい簡単で、アプリを起動すると表示される電卓のような画面から、使用した金額を入力するだけ。
もちろん、通常のアプリにあるような以下の機能も搭載はしています。

  • カテゴリを指定する機能
  • 月別の予算を設定する機能
  • それぞれの明細にメモを残す機能
  • それぞれの明細に写真を添付する機能
  • それぞれの明細の支払い方法(現金かカードか電子マネーか)を記録する機能

ですが、こうした機能を使用するかどうかはあくまでも任意ですので、めんどくさいと思う方は金額の入力だけでも十分に事足ります。
私の場合は、どんなことにどのぐらいお金を使っているかを把握したかったので、カテゴリ機能はまず使っていました。
その結果、食費に月間8万円近くもかかっているという衝撃的な事実が発覚いたしました。
(執筆当時、筆者は一人暮らしです。)

その後は、いろいろあって、貯金をする必要性が出てきたので、毎月これだけ使って後は貯金に回そうという考えが出てきました。
この時に手を出したのが、予算設定機能。
予算設定はひと月に一回だけ行えばいいので、思ったよりも面倒な作業ではなく、めんどくさいことが大嫌いな私も難なく続けることができています。

レコーディングダイエット的な効果が期待できます

okanereco3レコーディングダイエットとは、食事制限や運動制限ありきではなく、とにかく現状をひたすら記録することで、自分の状態を把握することを主眼に置いたダイエットの手法です。
常に自分の状況を把握しておくことで、体重が増えたりしたら食べ過ぎに気を付けようとか、運動を頑張ろうとか、自然に考えられるようになるので、精神的に無理なくダイエットに取り組むことができるというわけです。

『おカネレコ』は、このレコーディングダイエットに通じるものがあります。
私の場合は、このアプリを使い始めて、いくらなんでも食費使い過ぎだろ!と感じて、無理なく自炊する方向に持っていくことができました。
『おカネレコ』がなかったら、私はおそらく永久に自炊には手を出さなかったと思います。

家計簿は本格的につけようとするといくらでも本格的にすることができます。
本格的につければつけるほど、正確に家計の状況を把握することができ、お金も貯まりやすくなることでしょう。
ですが、お金を使うという行為は日常的な行為ですので、そのたびにそういった本格的な作業が発生することも念頭に置いておく必要があります。
家計簿をつけることが苦痛になってしまっても、お金を使うという行為をやめるわけにはいきませんので、結果、家計簿をつけるのが三日坊主になってしまうという状況が発生するわけです。
(というか、私は大体三時間坊主で終わってしまっていました。)

無料機能だけでも十分使えるけど…。

この『おカネレコ』についてですが、基本的には無料で利用できるアプリになります。
ですが、有料オプションを利用することで、以下のような機能を利用することができるようになります。

  • 広告枠が非表示になる
  • 電卓機能がアプリに付属する
  • テーマカラーを変更することができる
  • レシートの自動認識ができるようになる
  • エクセルに出力ができるようになる
  • DropboxやEvernoteにバックアップが取得できるようになる

【2015/11/7追記】Ver2.4.0のアップデートで電卓機能は標準機能で無料で使用できるようになりました。

「無料機能だけでも十分使えるけど…。」なんて、思わせぶりな見出しをつけてしまいましたが、私は有料オプションを利用していません。無料機能だけで運用しています。
基本的にシンプルな方が続きやすいということがわかったので、あまり多機能は求めておらず、おそらくこれからも有料化はしないかな~と思っています。
とはいえ、かなりお世話になっているアプリなので、寄付的な意味でもアップグレードしてもいいかもな…とは思っています。
もし今後アップグレードした場合は、そのことについてまた触れてみたいと思います。

スポンサーリンク

Facebookページに「いいね!」いただければ、このブログの最新情報をお届けします!