Windowsで画面キャプチャを撮影するツール3選 範囲指定もページ全体も思い通りに!

この記事は約5分で読めます。

範囲指定もページ全体も!思い通りのキャプチャ撮影を実現する3つのツール

どんな場面でも素早く画面キャプチャを撮影する環境を整えましょう!

こんにちは。Nj-web(@nj_web)です。

画面キャプチャを撮影する基本的なやり方は、キーボードのPrintscreenキーを押すことなのですが、この方法で撮影した画面キャプチャは、クリップボードにコピーされますので、別途画像編集ソフトを用いた編集が必要になります。
一回一回の作業は大したことはないかもしれませんが、毎回キャプチャ撮影のたびに画像編集ソフトを立ち上げていては余計な手間がかかっていまいます。

また、単純に画面キャプチャを撮影するだけでなく、画面の一部分だけを利用したいとか、Webページ全体をまるごとコピーしたいとかといったニーズも存在することでしょう。

そんな時に便利なのが、各種画面キャプチャツール。
私が普段から愛用している3つのキャプチャツールについて、今回はご説明します。

Snippingtool:実はWindows7以降に標準装備されているキャプチャツール

標準搭載のスゴいヤツ:Snippingtool

あまり知られていないようなのですが、実はWindows Vista以降には、標準で画面キャプチャを撮影するアプリが搭載されています。
これが何気に高機能で、範囲指定をした画面キャプチャも簡単に行なえますし、キャプチャした画像に書き込みを入れることも可能です。
撮影した画像の使い回しもやりやすく、Snippingtool上でCtrl + Cを押すことでコピーすることもできますし、任意の形式で画像として保存することも可能です。

フリーソフトとして専用で配布されているものと比較すると、多少機能に見劣りする面もありますが、このソフトのアドバンテージは何と言ってもWindowsに標準装備されていること。
日常の画面キャプチャ撮影ぐらいだったらこれだけでも十分に事足ります。

もしあなたの会社が、許可されたソフトウェアしか利用できないような環境だったり、ネットカフェに行った時などにいちいちフリーソフトをインストールしないといけないような場面でとてつもなく役に立ってくれるツールです。

Windows VistaやWindows7なら、スタートメニュー > プログラム > アクセサリの中から、Windows10ならSnippingtoolで検索することで使用することができます。
使用頻度が高い人はショートカットをアクセスしやすい場所においておくと良いでしょう。

SnapCrab:ショートカットキーを割り当てて素早くキャプチャ!

ショートカットでサクサク撮影:SnapCrab

SnapCrabは、Sleipnirというタブ型ブラウザで一世を風靡したFenrirという企業が配布しているフリーソフト。
Google ChromeやFireFoxだけでなく、Internet Explorerまでもがタブ型になってしまった今となってはあまり利用している人もみかけなくなってしまったSleipnir。
ですが、そんなFenrirが出しているSnapCrabは未だに私も愛用しています。

Snippingtoolと同様に、範囲指定をしたうえでの画面キャプチャ撮影ができたり、設定でクリップボードにコピーすることにも画像として吐き出すことにも対応しています。
Snippingtoolと比較すると、画像の編集ができないのは今ひとつですが、それ以外の機能で考えると自分の好き勝手に設定ができる分、何度も画面キャプチャ撮影をする人は是非導入しておきたいツールです。

さらに、SnapCrabが他の画面キャプチャ撮影ツールと一線を画するのは、何と言ってもショートカットキーを割り当てることができるということ。

私はShift + Printscreenに「範囲指定をしてキャプチャ」機能を割り当てて、画面キャプチャを撮影したいときに瞬時に立ち上げることができる環境にしています。

Awesome Screenshot:ウェブページのキャプチャならこれ一択!

ページ全体の撮影も一瞬で!:AwesomeScreenshot

ここまでのツールは、基本的にデスクトップ環境で動作するものですので、ウェブページに限らず、Excelだろうがメモ帳だろうがゲームアプリだろうが、Windowsで動くソフトであれば何でもキャプチャ撮影を行うことが可能です。

Google ChromeやInternet Explorerなどのブラウザも、Windowsのソフトであることには変わりはありませんので、ここまで紹介していたツールでもキャプチャ画像を撮影することは可能です。

それでも私は、ブラウザにもキャプチャ撮影するツールを入れています。

それがAwesome Screenshot
直訳すると「すんげぇスクリーンショット」です。

すんげぇネーミングですね。

このツールはGoogle ChromeやFire Foxなどのブラウザで使用できる拡張機能なのですが、何が便利かというと、クリックひとつでWebページ全体を画面キャプチャしてくれるという点です。

普通の画面キャプチャツールだと、同じことをするのに、見える範囲の画面キャプチャを撮影してどこかに保存しておき、ページをスクロールしてさらにキャプチャを撮影して保存しておき…を繰り返した挙句、最後に撮影した複数の画像ファイルをつなぎ合わせる…というとてつもなく面倒な作業が発生します。
Awesome Screenshotは、なんとこの作業を自動でやってくれちゃいます。

Web担当者の方などで、Webページの画面キャプチャ撮影をする機会がある方は是非導入をおすすめします。

まとめ:あなたがよく行う作業に合わせて最適なツールを!

  • とにかく画面キャプチャが撮影したい人 → Snippingtool
  • ショートカットキーで画面キャプチャを撮影したい人 → SnapCrab
  • Webページの画面キャプチャを撮影したい人 → Awesome Screenshot

こうして見てみると、画面キャプチャツールと一口に言っても、いろんなツールがあることがわかります。
こうしたツールは、必要のない場面で無理に使うとかえって時間がかかってしまうこともあるのですが、適切な人が適切に使うと作業能率を何倍にも高めてくれるツールです。

この記事をきっかけに、あなたが仕事にピッタリ合った画面キャプチャツールと出会えたなら幸いです。

スポンサーリンク

Facebookページに「いいね!」いただければ、このブログの最新情報をお届けします!