絡まらない!カラフル!『MUZIP ジッパーイヤフォン』

この記事は約5分で読めます。

もつれないイヤフォン!スッキリストレスフリーな音楽ライフを。

こんにちは。Nj-web(@nj_web)です。

私は日常的に音楽をイヤフォンで聞いています。仕事に行き詰まった時に音楽を聞くことは良い気分転換になりますし、カナル型イヤフォンであれば、集中したいときはサウンドマスキング効果をもたらすものとしても役に立ってくれます。ですが、そんなイヤフォンにつきものなのが、「すぐに絡まる」という悩み。そんな悩みを解決してくれたのが、『MUZIP ジッパーイヤフォン』です。

イヤフォンをジッパー付きにすることで絡まらなくしたアイディア商品

乱雑にしまっていてももつれません!(なくすかもですが)『MUZIP ジッパーイヤフォン』は、イヤフォンにジッパーをつけることで、簡単には絡まないように設計されています。

イヤフォンが絡まる原因としては、細い線が複数寄り集まって構成されている商品だからなのですが、『MUZIP ジッパーイヤフォン』はジッパーを使用することで、ひとつの太い線としてイヤフォンを使用できるように設計されています。

今まで従来の絡まるイヤフォンが当たり前だった私としては、この絡まらない『MUZIP ジッパーイヤフォン』は画期的な商品でした。
一生絡まるイヤフォンとともに生涯を過ごすと思い込んでいたのですが、人生、何が起こるかわからないものですね。

なんて、ちょっと変な書き方になってしまったのですが、おおげさではなく、当たり前の問題を当たり前で放置せずにソリューションを提供してくれたMUZIPのアイディアは脱帽モノだと思います。

音質?そんなものは私にはわかりません!

音質は正直、わかりません…。私は、今までいろんなイヤフォンを使用してきたのですが、正直、音質の違いについてはさっぱりわかりません。
実は、昔、1万円ぐらいするイヤフォンを誕生日プレゼントとしてもらったことがあるのです。
プレゼントをくれた友人は鼻息荒く「このイヤフォン音質がすげーんだって!!」と激推ししておりましたが、私には全くわからなかったのを今でも鮮明に覚えております。

そんな私なので、音質という面でイヤフォンを選ぶということはしないのですが、通販サイトなどを見る限り、それなりに音質にも配慮されて設計されているように見えます。

『MUZIP ジッパーイヤフォン』は、イヤフォンの中でもかなり安く、どこで購入しても1,000円~2,000円の価格帯となります。
コンビニで売っているようなイヤフォンと同じぐらいの値段ですので、高級とは言えるような値段ではありません。
音質のことが全くわからないアレな耳を持っているのでこのへんの正確なレビューはできないのですが、一般的なイヤフォンよりもちょっとだけ高音質?ぐらいの認識でおります。

耐久性はちょっと…ですが安いので割り切れる

『MUZIP ジッパーイヤフォン』を購入してからというもの、絡まらないということのあまりにの便利さに、常に身につけて肌身離さないぐらい使い倒すようになりました。
それこそ、財布やカバンはどこかに置き忘れていても、『MUZIP ジッパーイヤフォン』は絶対に離さない!ぐらいの勢いでした。
(冗談ではなく、たまにこういうことをするのが自分で自分が恐ろしくなるところです)

ですが、大事にしているという割には保存状態は決してよろしくなく、カバンのなかに無造作に突っ込んだり、ポケットの中に財布やスマホと一緒に突っ込んだりとかなり乱暴に扱っていました。
逆に言うと、これだけ乱暴に扱っていても絡まないということに私は感動を覚えていたのでしょう。
ですが、確かに絡まりはしませんでしたが、そんな扱い方を続けて3ヶ月ぐらいたったある日、コードが断線したのでしょう、イヤフォンの片方から音が聞こえなくなりました。
そのまましばらく使用していると、もう片方も聞こえなくなり、『MUZIP ジッパーイヤフォン』はイヤフォンとしてのその生涯を終えたのでした。

ですが、そこは安さもウリのひとつの『MUZIP ジッパーイヤフォン』。
すぐに新しいものを買い直しました。

こういう使い方をしていても、あまり財布にダメージが行かないのも『MUZIP ジッパーイヤフォン』の嬉しいところですね。

ちなみに、私がどのぐらいイヤフォンの使い方が荒いかというと、前の項で書いた1万円のイヤフォンを一ヶ月で再起不能にするぐらい使い方が荒いです。
多分、普通のそれなりに物持ちの良い方が使用すればもっと長く使えるかと思います。

カラーはカラフルな14色展開

さて、ここまでは『MUZIP ジッパーイヤフォン』の機能性の部分を紹介してきましたが、『MUZIP ジッパーイヤフォン』のもう一つの特徴はそのファッション性です。
ジッパー付きという時点で、普通のイヤフォンに比べて個性が強く、かなり目立つのですが、それに加え、カラーバリエーションは14種類も用意されています。

これだけのカラーバリエーションがあれば、自分のファションに合わせて、色を変えるなんてことも簡単にできてしまいそうです。
これまでと同じように、3ヶ月ごとに1つ『MUZIP ジッパーイヤフォン』をぶっ壊したとしても、3年半ぐらいは全ての色の『MUZIP ジッパーイヤフォン』を破壊することはできないでしょう。
そのぐらい豊富なカラーバリエーションとなっております。
なんだか色々おかしな論調になってきましたが、ツッコミ待ちですのでよろしくお願いいたします。

違う色の『MUZIP ジッパーイヤフォン』を手に入れることを考えると、今使用している『MUZIP ジッパーイヤフォン』が壊れるのが楽しみになってきてしまっている私。

今後も末永く愛用させていただきたいと思っております。

スポンサーリンク

Facebookページに「いいね!」いただければ、このブログの最新情報をお届けします!