心が折れそうな時に読みたい!ブログ等の習慣を続ける応援をしてくれる記事5選

この記事は約5分で読めます。

keep0

続けることにこそ意味がある習慣。それでもやめたくなったら。

こんにちは。Nj-web(@nj_web)です。

人間、良いことに限ってなかなか習慣にするのは難しいものです。
はじめた当初は目的に向かって意気揚々と取り組んでいたのに、気がついたらモチベーションが下がって続けるのが億劫になってしまう…。

そんな時に読むことで励みになりそうな記事を5つ、ご紹介させていただきます。
ブログ中心に情報を集めているのでブログの続け方に関する記事が多めになりますが、他の習慣にも応用はできるんじゃないかな?と思っています。

ブログをやめない勇気、続ける努力

ブログをやめない勇気、続ける努力 | ポストロジクス
なぜブログを続けるのは難しいのだろうか?今日一日の気付き、失敗、なんでも書こうと思えば書けるはずなのにいざパソコンを前にするとやっぱり手が止まってしまう。 さあやろう、よりも「やらなきゃいけない」の気持ちが強くなる。色々悩んでいるうちに時間はどんどん過ぎていく。残業で遅くなった夜なんかなおさらで、「今日ぐらい書かなくてもいいや」なんてつぶやいて、仕事で疲れた自分を許してあげる。 実際、書かないと何か失うのかと言われれば全然そんなことはなく、単に今日書こうと思っていた記事が今日公開されないだけです。   まあそれだけの話なんですが、やっぱり記事を書くってのは勢いとか思いつきとか、とにかく「続ける努力とやめない勇気」が大事だと思うんです。 書かなくても困らないから書かない 今日書かなかったからってなにか悪いことが起こるわけじゃない。 「書かなくても困らない」環境にいるとたしかに書かない。というか書く必要がないんじゃないか?なんて思ってしまいがちです。 でも、ブログだけじゃなくジョギングでも勉強でもなんでも、続けないと途中でダレてしまうんですよね。ブログを書き続けるのは文章力がアップするとかリピーターが付きやすくなるとかそういうことも大事ですが、一番大切なのは継続できる自分を作ることにあるんじゃないかって思います。   三日坊主なんて言葉があるのは誰でも意識しなきゃ続かないからです。   続ける勇気 専門的なブログであれば記事を書き続けていれば一度書いたようなことも書いてしまうかもしれません。この人また同じこと言ってるって思う人もいるかもしれません。 同じことを繰り返すのは悪いことじゃないです。メジャーリーガーもプロブロガーも基礎練習を繰り返した結果、大きな成功や明るい未来を手にしています。 球を投げ続けるのも記事を書き続けるのも使う筋肉は違えど力を付けて評価される点は一緒です。 もうダメかもしれないと思っても続けなければ変われない。続ける勇気が必要です。 例えば一ヶ月同じことを繰り返せば結果が表れる。継続できることは身につく。 要はやるか、やらないか。   やめない努力 記事を書いていれば批判的なコメントを受けてやる気を失ったりつらい思いをする場合があります。コメントが怖い。嫌な思いをしたくない。だから& もうやめたい。

とてもストレートなタイトルで、習慣が続かないことに関する考察が綴られています。
ブログに限らず、自分を向上させようとする習慣って、やればそりゃ今よりは良くなるんだろうけど、別にやらなくても困らないものです。
そのため、少し妨害する要素が入ってしまうと、やめてしまいがちなんですよね。

そんな中でいかに習慣を続けるか。

その心構えが学べます。

ブログで小遣い稼ぎしようよ!楽しいよ!マネタイズがシムシティっぽくて楽しいって話

ブログで小遣い稼ぎしようよ!楽しいよ!マネタイズがシムシティっぽくて楽しいって話 – 嗚呼、学習の日々
自分の思うマネタイズの魅力は、「シムシティ」っぽいところ。 「シムシティ」は、道路や発電所など都市のインフラを作って住民を集め、税収を得て更にインフラを充実させて更に住民を集めてを繰り返して都市を成長させていくシミュレーションゲームなんですが、ブログのマネタイズはこれによく似ています。

私は、ブログや習慣をゲーム化して楽しむという行為が大好きです。

プライベートな習慣のみならず、本業である仕事もゲーム化することで楽しめるように考えながらやってます。
そんな私にとって、ブログのマネタイズをシムシティに例えたこの記事はまさにクリーンヒットといった感じでココロに入り込んできました。

基本的に、市販されているゲームは簡単にはクリアできないようになっています。
なぜかというと、簡単にクリアできてしまっては面白くないから。
クリアするためにはどうすればいいかを試行錯誤しながら考えるのが面白いんですよね。

個人的な習慣であっても仕事でも、試行錯誤を楽しむことが成功の秘訣なんじゃないかなって思います。

会社員の僕がブログ毎日更新を半年続けてわかったその方法とコツ

会社員の僕がブログ毎日更新を半年続けてわかったその方法とコツ | 考えるオヤジ
こんにちは、しろうめず@ShiroUmezです。 昨年7月頭からブログを毎日最低1記事更新、つまり毎日連続更新を目標に頑張ってきました。半年続けてみてわかったこと、毎日更新の方法やコツなんかをまとめてみようと思います。 その前に、なぜ毎日更新するのか。うん、8割方意地です。意地になってるだけです。 正直、年が明けてから本業の忙しさが半端じゃないんです。毎日更新、今にもくじけそうです。今日こそやめようと思ってました。朝は早出で、毎日ブログ更新に充ててる時間も削られてしまいました。 http://www.kangaeruoyaji.net/post-1954/ でもね。悔しいんです。せっかく今日まで続けてきたのに、ちょっと本業が忙しくなったくらいでやめたくないんです。 ああ、思いっきり脱線してしまいました。 ブログ更新を半年続けてわかった、毎日更新の方法とコツ!いってみましょう。   非常事態に備え、下書き記事を蓄えておくべし 会社員や子育て中は自分の時間がなかなか取れない 貴方が会社員であるならば、毎日ブログを更新することは本当に難しいです。大変なことだと思います。 何故なら、会社員には拘束時間があるから。それも一日の半分近くも。 この間にブログを更新できる環境があるならなんの問題もありません。どんどん書きましょうぜ! でも多くの会社員は、会社拘束時間中にそのような自由時間は取れませんよね?僕自身も、普段は現場仕事なのでPCはもちろん身近に無いし、スマホすらなかなか触ることができないような環境です。 おまけに子育て真っ只中の身。帰宅後も、子供にご飯食べさせたりお風呂入れたりと、寝るまで自分の時間がなかなか取れない状況。 そこで僕の場合は、子供と一緒に夜は早寝、その代わりに朝は4時頃に起床し、自分の時間(ブログ更新)を無理矢理作っています。 出張その他、非常事態に備えて それでもやはり、会社員というものはイレギュラーな事態が発生します。代表的なものに、出張がありますよね。出先で更新できるのなら問題ないですが、平常通りの活動ができなくなる可能性も高いです。 そんなときのために、ブログを自動投稿できるように、記事をストックさせておくことは大変重要だと思います。最低でも1週間分、すなわち7記事分くらいは。

意地でブログ更新を続けている会社員の方の記事。

ブログを書いたことがある人ならわかると思うのですが、ブログの運営は想像しているよりも時間を消費する作業です。
会社員と両立しながら生活もしっかりと…となると、なかなか難しいものです。

でも、こういう時にだからやめてしまうのではなく、どうすればうまくできるかを考えるのが大切だと思うのです。

この記事は、そんな境遇にある方が、ブログを続けるコツを考え方とテクニックを交えて紹介してくれています。

超シンプルな、人生を変える方法をあなたは知っていますか?

超シンプルな、人生を変える方法をあなたは知っていますか?
これからお話しすることは、超シンプルです。 でも本当に大切なことだと思います。 今の人生がつまらない、悩みが多い、自分の人生を変えたいと思っているのであれば、 ぜひ読んでみてください。 ここから書くことは、「人生を変える方法」です。 あくまで方法です。読むだけでは、人生は変わりません。方法なので、実践、行動をしてください。 5分でいいのでお時間をください。 それでは、始めます。

何かをやろう、自分を変えようとした時に、多くの人がやりがちなのが、スタートダッシュは思いっきり頑張るけど、だんだん疲れて尻すぼみになるという行為。
いきなり大きなことをしようとして、できなくて、「やっぱり自分はダメな人間だ…」となる。
この悪循環に陥ってしまうと、次に新しいことを始めようとした時もなかなか腰が重くなるものです。

そんな時に思い出して欲しいのが、この記事が提唱している「少しずつをできるだけ長く」という考え方。

何かを成すって、他人がやっているといきなり達成できたように見えるけど、実際には小さなことの積み重ねであることがほとんどなのです。
なので、「どんなことをやるか」よりも「どう続けるか」が大切。

「いかに長く続けるか」ということを考えると「無理をしない」ということは意外と重要なことなのではないかなと思います。

はてなブログ読者数300人達成!心折れずに継続せよ

はてなブログ読者数300人達成!心折れずに継続せよ – ユーリオニッキ
人の生き様や生き方を知るのが大好きで、小説よりも実体験が書かれている自伝を好んで読んだ。 星の数ほどブログはたくさんあるけどさ。考えや生き様をね。別に格好いい話じゃなくてもいい。 ダメな自分をさらけだしたっていい。ブログを通じて感じたことをありのままに書くことができるって素晴らしい。 自分は何度もブレずに言い続けていることがあってね。役に立つブログだけが全てではないしさ。 一見、役に立たないように見えても、その人にとっては人生を変えるきっかけに繋がる記事になるかもしれない。 役に立たない記事と大多数に思われる記事ってさ。自分から言わせると、その人を全面的に出している文章が多いと感じる。 役に立&

ブログというか、SEOの世界で最近良く言われるようになったのが、「人の役に立つ記事を書きましょう」という非常に抽象的な教え。

確かに、人の役に立つための記事を書く手法というのは存在していて、それがコンテンツマーケティングというヤツだと思うのですが、これを個人のブログにまで持ち込むと少々息苦しくなるのが正直なところ。

人の役に立つ記事を書こうとするあまり、筆が進まないという人も多いのではないかなと思います。

でも、あなたが書こうとしていて気が進まない記事は本当に人の役に立たない記事なの?
役に立たないと思って自分の中だけにしまっておくのはもったいないんじゃない?

そんなことを考えさせられる記事でした。

まとめ:習慣をゲームにして楽しむぐらいがちょうどいい

ブログなど自分を高める習慣は、どちらかと言うと短距離走的な瞬発力よりも、長距離走的な持続力が求められる分野です。

また、結果が出るまでにどうしても時間がかかるうえに、別にやらなくても致命的なダメージを受けるわけではないため、「やらされてる感」が強いと続きません。

なので、いかに頑張るかを考えるよりも、いかに楽しむかを考えた方がうまくいくことが多いのです。

そんな時に私が実践しているのが、二つ目の記事へのコメントでも触れた「ゲームにして楽しむ」ということ。

習慣を続けることをゲームとして捉えることで、楽しみながら続けやすくなりますし、失敗への抵抗心が軽くなるというメリットもあります。
ゲームにしたらゲームにしたで、今度は「飽きる」という問題もありますが、これは少しづつやり方を変えて行くことで防止するようにしています。

こうして考えてみると、習慣を続けるという行為は自分だけのゲームをデザインする行為と言い換えられるかもしれませんね。

スポンサーリンク

Facebookページに「いいね!」いただければ、このブログの最新情報をお届けします!